[metaslider id="393"]

おすすめ児童書1 プロイスラーの名作「クラバート」あらすじと感想

みなさまこんにちは。今回は児童書の紹介です。
児童文学を代表するドイツの作家さん「プロイスラー」さんの作品「クラバート」です。

スポンサーリンク

プロイスラーさん略歴

オトフリート・プロイスラー(Otfried Preußler、1923年10月20日 – 2013年2月18日)は、ドイツの児童文学者。代表作に『大どろぼうホッツェンプロッツ』『クラバート』など。本国ドイツをはじめ世界各国で多くの文学賞を受賞している。
チェコスロバキアのリベレツで、共に教師であった両親の間に生まれる。第二次世界大戦中の1942年に学校を卒業、徴兵されドイツ陸軍へ入隊する。東部戦線へ従軍するが、少尉であった1944年に捕虜となり、その後5年間をエラブガなどタタール自治共和国内の数箇所の捕虜収容所で過ごす。
1949年6月に解放され、幸運にもバイエルン州ローゼンハイムで移住していた親族と、婚約者のアンネリース・キント(Annelies Kind)に再会、同年に結婚する。
1953年から1970年にかけて小学校の教師を務め、ローゼンハイムでは小学校長となる。この間に作家・イラストレーターとしての才能が開花しており、子供に語って聞かせた物語のいくつかは後に文章化され、出版されている。
2013年2月18日、ドイツ南部のプリーン・アム・キームゼーの福祉施設で死去した。89歳没[1]

Wikipediaより

バリバリの戦争経験も作品に影響があったのでしょうか。クラバート以外にもとても素敵な作品を残すプロイスラーさん。後年は幸せような人生で何よりでした。
現在2020年ですので、本当に最近までご存命だったと思うとあと少し早く知っていれば存命の姿が見れたかもしれません。残念・・・。

クラバートあらすじ

 ヴェンド人の少年3人組で村から村への浮浪生活をしていたクラバートは、ある時から奇妙な夢を見るようになる。「シュヴァルツコルムの水車場に来い。お前の損にはならぬだろう!」という声と止まり木に止まった11羽のカラスの夢。
その声に従って水車場の見習となったクラバートは、昼は水車場の職人として働き、金曜の夜には12羽目のカラスとなって、親方から魔法を習うことになる。

Amazonより

感想・名言

素晴らしい作品でした。表紙がちょっと怖くないですか?
鳥の姿に顔は少年。うん、怖いよ。
私のTwitterで流れてきたときは「ホラーかな?」と思ったものです。

が、友情・努力・魔法・知恵・愛と様々なジャンルを詰め込んだ作品でした。
なんでも映画にもなってるとか。

私は予告しか見てませんが、世界観は表現されていて面白そうでした。
この作品、作者プロイスラーがドイツに伝わるクラバート伝説を調べて書いたとか。
本当の出来事だったら・・・なんだかワクワクしますね。

様々な魔法が登場しますがやはり鳥や動物に変身するのが多いですね。
余談ですが宮崎駿監督もこの作品から感銘を受けて映画に取り入れたとか。

顔が人の鳥・・・なんちゃらの神隠しとかの映画でも出てきてますから本当なのでしょうか?

この作品が面白かったのは、クラバート少年の三年間を描き切っている所。
様々な経験と仲間たち。そして毎年1人減る仲間。

果たして何故仲間が減るのか?という所も見どころではありますが、
最後の最後、大みそかの夜の出来事。ここが胸が熱くなる場面でした。

クラバート少年の強い想い。そして愛。

「おぉ、そう来るのか!」と一人で目を見開きました。

作中、こんな言葉が出てきます。

「人生には、おれたちの思いもおよばないことがいろいろおこるものだ。が、それをおれたちは切りぬけていかなくちゃいけないんだ。」

このセリフがしびれました。主人公のセリフではありませんが人生には往々にして様々な出来事が起こります。この言葉をクラバート少年はどのように受け取ったのでしょうか?
是非ご自身で確かめてみて下さい。

こんな方におすすめ

・児童文学好き
・ファンタジー好き
・冒険が好き
・主人公の成長物語が好き

様々な児童文学の中でも屈指の作品だと思います。
まだ読んでない方は是非読んでみて欲しいです。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました