[metaslider id="393"]

小説レビュー #22伊坂幸太郎「陽気なギャングが地球を回す」あらすじ・感想まとめ

本日も張り切ってご紹介したいと思います!
 
いつもダラダラと書き綴っててすみません(。_。 (゚ㅂ゚ )(。_。(゚ㅂ゚ )
 
 
そして今回は

伊坂幸太郎「陽気なギャングが地球を回す」です。

スポンサーリンク

あらすじ

嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女。この四人の天才たちは百発百中の銀行強盗だった…はずが、思わぬ誤算が。せっかくの「売上」を、逃走中に、あろうことか同じく逃走中の現金輸送車襲撃犯に横取りされたのだ!奪還に動くや、仲間の息子に不穏な影が迫り、そして死体も出現。映画化で話題のハイテンポな都会派サスペンス。(BOOKデーターベースより)

 

感想まとめ

また伊坂幸太郎さんですみません^^;
 
陽気な~シリーズは3作出てるんですが、3作目はまだ読んでない為写真は2冊分です。(><)
 
中々ヘビーな物語が多い中、伊坂幸太郎さんの作品としては少し軽めの作品。
 
映画のキャストがピッタリで少し嬉しかったです(/∀≦)てへっ♪♪
 
ギャング達は
「嘘を見抜く」リーダーに
「正確な体内時計」
「演説の達人」
「天才スリ」
 
というギャング達。
 
ギリギリありそう(居そう)な面々なだけに面白い。
陽気な。というタイトル通り、ギャングとは程遠そうな面々がテンポよくストーリーを進めてくれます。
 
勢いとテンポだけで読み進められますがそこはさすが伊坂幸太郎さん。
 
ちゃんと伏線回収もしっかりしてて面白かった!
 
2作ともハズレ無しなので、3作目も読もうと思います( *˙ω˙*)و グッ!

その他伊坂幸太郎作品

小説レビュー 10 伊坂幸太郎「死神の精度」あらすじ・感想まとめ
CDショップに入り浸る死神「千葉」が決める人間の生死。 果たして「可」なのか「不可」なのか。名言とともに紹介します。
小説レビュー #18 伊坂幸太郎「重力ピエロ」あらすじ・感想・名言まとめ
伊坂幸太郎さんの「重力ピエロ」を感想・あらすじ・名言とともにまとめました。映画版は触れておりません。
https://engekireview.com/syuumatunohu-ru-review/
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました