[metaslider id="393"]

小説レビュー#28 貴志祐介「雀蜂」あらすじ・感想まとめ


皆様どーーーもです!んちゃヾ(o´▽`)ノ ☆

本を読むのは楽しいですねぇズズッ…( ՞灬ة)🍵
そんな訳で今回も本の紹介です♪
 
今回は……
 

貴志祐介「雀蜂」

 
です。
 
いつもの如く以下
スポンサーリンク

「雀蜂」あらすじ

 
雪の山荘に閉じ込められた小説家の安斎を突如襲う、凶悪なスズメバチの群れ。安斎は山荘を生きて出られるのか。最後明らかになる驚愕の真実とは!? ノンストップ・サバイバルホラー、文庫書き下ろしで登場!(BOOKデーターベースより)

タイトル通りのあらすじ^^;

感想まとめ

内容もタイトル通り^^;
 
主人公がただただ雀蜂と戦います。
 
あと何匹いるのか……?
 
どうやって退治するか……!?
 
そしてこんなに沢山の雀蜂は何処から……!?!?
 
というのがキモの物語。
 
そして、そこはもちろん貴志祐介。それだけじゃあござんせん。
 
無事に脱出できるのか!?出来ないのか!?
 
という事もですが、ラストは
「そこかよ!?」
というようなラストでした。
 
なんだか冒険物のRPGやってて急にシミュレーションになった的な……^^;
 
なんだかそのくらい逆をつかれた感じの本でした。
 
そんなに長くもないのでスっと読めてハラハラ出来る。
良質な作品です(^^)

「雀蜂」こんな方にオススメ

  • 虫が好き
  • 知恵を絞って生き抜くサバイバルが好き
  • バイオハザード好き
  • 貴志祐介作品が好き
  • 最後に驚きたい人向け

 その他 貴志祐介作品のオススメ

小説レビュー#31 貴志祐介「青の炎」あらすじ・感想まとめ
貴志祐介さんの「青の炎」あらすじ・感想・名言をまとめました。倒叙ミステリーの傑作です。

商品紹介

Amazon.co.jp: Audible (オーディブル) - 本を聴くAmazonのサービス: generic
Amazon.co.jp: Audible (オーディブル) - 本を聴くAmazonのサービス: generic

コメント

タイトルとURLをコピーしました