[metaslider id="393"]

観劇レビュー#2 天然肉体詩人 即興舞踏会に行ってきました。

みーなーさーまー!
こんにちはm(_ _)mm(_ _)m
 
いつも読んで下さってありがとうございます(*´ω`*)
 
(๑´ω`ノノ゙ぱちぱちぱち✧
 
私のTwitter(@engekireview)も2000人のフォロワーさんが出来ました(*´ω`*)
 
嬉しい限りです!これからも頑張って毎日更新していきますぞ!
 
・・・できるかな(;・∀・)
ま、まあ継続出来るよう頑張ります💪(`・ω・´💪)
 
 
さてさて、今回はいつものレビューではありませぬ。
もう数か月前の話です。2020年2月の話。

天然肉体詩人 即興舞踏会へ行きました。

 
それがトップ画に繋がるんですが、
 
なんと天然肉体詩人。そのチラシを見たとたん、ビビビっときまして。
 
これはそそられる……。演技者として気になりまして。
しかも即興ダンスに即興の詩。という事で。
 
まんまと向かいました。

実際あったのは上記チラシの分ではなかったのですが^^;(別企画のチラシ)

当日のチラシがなかったので代わりにこれを。

夜の天文館を進みまして(歩いて撮ってるのでブレてますね)

 

こんな素敵な空間。

演技中は撮影出来ず(見とれて)だったのでこんな写真しかありませんでした。
 
公演は2部に分かれて。
 
まずは女性ダンサーと即興ヴォイス、即興ハンドパンの公演。
 
これがまたすげかった!∑(°口°๑)
 
緩やかなリズムと歌声に合わせてダンサーが舞う。
 
ホントに即興か!?というくらいのダンス。
 
ハンドパンというスイスの楽器も美しく不思議だった。

下にあるようなこんな楽器。叩いたり響かせたりするようです。

 
そこに合わせる7色のヴォイスも面白かった。
 
続いては虫丸さんに即興ギター、即興エフェクト?というんですかね?電子音を駆使してました。
 
物凄く身長の高い(180くらいか??)虫丸さんの伸び縮みがなんとも成長を感じさせます。
 
ここもまた面白かった。
 
途中で即興詩も交え、互いに影響し、影響されていく。
 
不思議とアイコンタクトはなく、音と言葉を感じ取り、演目が進む。
 
終わりも自然と「あ、終わるな」「あ、終わった」と分かるのがまた面白い。
 
休憩を挟み、最後は全員でのコラボダンスショー。
 
なんとも不思議で心地よい空間。
 
全員が前のめり。
私はもう混ざりたかった。
 
演劇が根底にあるからか、見ている最中ずっとストーリーが出来ているのに気がついた。
 
 
 
最初の演目ではアマゾンの湿地帯で狩りをする獣。何度かの失敗の後に、みごと成功。
 
捕食に成功した獣は喜びを舞う。
 
次の演目では「木」の成長。段々と伸び上がり、やがて枯れ、また伸びていき、根を生やし、「樹」へと成長していく
 
最後の演目では「転生」命が芽生え、絡まり合い、成長し、やがて衰退する。そして、また生まれ変わる。
 
……このようなストーリーが浮かんだのです。
 
なんとも興味深い世界。
 
即興舞踏はワークショップもやってるそうなので是非チャレンジしてみたい!
 
ちなみに……ご本人と写真撮れてないので検索してみたら色々とお写真が。

もし気になった方がいたら是非トライしてみて下さい(^_-)

 
 
……載せたけど怒られないかなぁ……(><)
 
なんだかただの日記ですみませぬ。
Amazon.co.jp: Audible (オーディブル) - 本を聴くAmazonのサービス: generic
Amazon.co.jp: Audible (オーディブル) - 本を聴くAmazonのサービス: generic

コメント

タイトルとURLをコピーしました