[metaslider id="393"]

観劇DVD #27 ザ・プラン9「サークルS」内容紹介・感想まとめ

立ち寄って下さってありがとうございます(^^)
 
南国鹿児島より書いてます。
 
南国なだけに暖かいと思われがちですが、
南国に住む人にとって寒いもんは寒いんです
(`・ω・´)キリッ
 
……さて、(笑)今回は

ザ・プラン9「サークルS」です。

スポンサーリンク

あらすじ

内容(「Oricon」データベースより)

灘儀武、お~い!久馬、鈴木つかさ、浅越ゴエ、ヤナギブソンの5人からなるコメディユニット“THE PLAN 9”が2003年12月にうめだ花月で行った単独ライブ「サークルS」の模様を収録した作品。

・・・これあらすじか?(;・∀・)
 

THE PLAN9 メンバー紹介

お〜い!久馬(おーいきゅうま)リーダー。

浅越ゴエ(あさごえゴエ)

ヤナギブソン

鈴木つかさ(すずきつかさ)2008年2月28日に脱退。

なだぎ武(なだぎたけし)2015年5月17日に脱退を発表[3]

ということで、サークルSの時は5人組だったんですが、実は2人脱退してたんですね。現在は3人組です。

脱退したお二人は舞台・テレビと活躍されてるので引退とかではなさそう。

感想

プラン9と言えばR-1グランプリなんかで初期に良く登場して優勝したりしてましたね。
 
それだけに個々の技術はかなり高いです。
 
コントというより演劇。
しかも内容がしっかりした演劇。
 
これがなんと某中古本屋(笑)で108円で大量に流出してた為全て購入。(すみません、定価でなく)
 
この全てのクオリティの高さたるや、お笑い、お芝居をする人にとっては参考になりすぎる作品達でした。
 
そしてこの作品。1回じゃダメかもしれません。2度、3度観れる作品です。
 
あ、あの間はこういう意味か。
あ、この表情はこういう意味か。
えっ?この返しもこういう意味だったのか……
 
1度エンディングを観たから気づけること、分かることが出てきます。
 
ただただはしゃいでるだけじゃなかったんだ……
こんなに伏線張ってたのね( °o°)
 
と思う事でしょう。
 
若干お笑い芸人特有の?わざとらしさはあるものの、色んな涙が出ることうけあい。
 
サブタイトルの「星を見るものと星になるもの」
の意味もわかりやすいですが、
サークルSというのも実際ありそうですね。
 
プラン9で好きな演出で、登場時の役者紹介で、映像とかを使わず、ストップモーションとピンスポットで紹介する所。
 
こういう演出は生ならではでとても好きです(^^)
 
お笑い好き、お芝居好きに是非オススメしたい作品です(^^)
 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました