[metaslider id="393"]

演劇DVD12 三谷幸喜作 東京ヴォードヴィルショー「竜馬の妻とその夫と愛人」あらすじ・感想まとめ


寒い日が続きますが、インフルエンザに気をつけましょう!

 
いいね!やフォローしてくれると飛び上がるほど喜びます。(`・ω・´)キリッ
 
そんな鹿児島人です💪(`・ω・´💪)
 
さて、今回は

東京ヴォードヴィルショー「竜馬の妻とその夫と愛人」

です。
スポンサーリンク

あらすじ・キャスト

明治時代を舞台にした、三谷幸喜原作の舞台「竜馬の妻とその夫と愛人」の再演を収録したDVDが登場。坂本竜馬の妻・お竜と再婚相手の商人・松兵衛、愛人の虎蔵の3人が魅せる傑作演劇。出演は佐藤B作、佐渡稔、平田満ほか(ORICONより)

 
作 : 三谷幸喜
演出: 山田和也
出演: 佐藤B作/佐渡稔/平田満/あめくみちこ

こんな方におすすめ

  • 龍馬好き
  • 幕末明治もの好き
  • 三谷幸喜好き
  • ワンシチュエーションコメディ好き

感想まとめ

こちらも生で観ました。
東京ヴォードヴィルショーはけっこう鹿児島に来てくれて、これが初めて見た作品。
 
佐藤B作さんが元気いっぱい走り回ってたのを覚えてます^^;
 
見に行ったのも、大学生かそこらの頃、坂本龍馬が好きだった私がタイトルだけで見に行った作品。
 
この作品も三谷幸喜さんの脚本な訳ですが、
 
流石ですよね。なんかもーあー、ありそう。というか人間臭さが出ててとても共感?が持てます。
 
時代が全く違う話しなのに、まるで現代の事のように錯覚してしまう。
 
そんな面白さが三谷幸喜さんの作品にはあります。
 
そしてよーく見ると細部にまでこだわった小道具たち(笑)
 
あんまりそんな所着目する方いないんだと思いますが、気にしてみるととても面白いです(^^)
 
ぜひそこも観てみて下さい(^^)
 


関連紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました