[metaslider id="393"]

小説#37 東川篤哉 烏賊川市シリーズ第2弾「密室に向かって撃て」あらすじ・感想。

私の好きなミステリー小説家「東川篤哉」さん。
コメディタッチの書き方と進み方で読みやすく、本格ミステリーにハマる第一歩だと勝手に思っています。
ということで今回はこちら

スポンサーリンク

烏賊川市シリーズ第2弾「密室に向かって撃て」

ちなみに第一弾はこちら

あらすじ

烏賊川市警(いかがわしけい)の失態で持ち逃げされた拳銃が、次々と事件を引き起こす。ホームレス射殺事件、そして名門・十乗寺(じゅうじょうじ)家の屋敷では、娘・さくらの花婿(はなむこ)候補の一人が銃弾に倒れたのだ。花婿候補3人の調査を行っていた《名探偵》鵜飼(うかい)は、弟子の流平(りゅうへい)とともに、密室殺人の謎に挑む。ふんだんのギャグに織り込まれた周到な伏線。「お笑い本格ミステリー」の最高峰!

家賃の長期滞納を理由に事件を引き受けることになってしまった
探偵 鵜飼杜夫(うかい もりお)が探偵役。

少しだらしなく、コメディタッチ。でもやるときはやる・・・と、某国民的アニメの眠りの〇〇探偵を彷彿とさせる。
しかし推理力や行動力は麻酔銃や小学生探偵がいなくても高く、切れ味が鋭い。

第一弾・第二弾という事でもはや「おなじみ」と称されるキャラクターはほぼ出そろいます。

感想まとめ

鵜飼さんの名付けた「衆人環視密室銃殺事件」が物語のキーワード。
もうこれだけで東川ワールドが全開なのがわかります(笑)

花嫁候補の調査から、ホームレス殺人事件と本当にいい感じのない物語をこの方が書くとこうなるのかと。
緊張感もなく所々に織り交ぜてくるコメディ要素。
古畑任三郎とかが好きな方はドはまりするかもしれませんね。

それでいてミステリー要素は強く、推理の時の別人感もギャップがあっていいのかも。

そして、本の帯かあとがきに書かれていた「続けて読むとクセになる」という言葉通り、この方の作品は一冊読み終えるとまた会いたくなって続編を読み出しますね(^^♪

ミステリー好きな方もコメディ好きな方もどちらも楽しめる作品。もちろん1作目を読んでなくても楽しめると思います(^^♪

Amazon.co.jp: Audible (オーディブル) - 本を聴くAmazonのサービス: Android アプリストア
Amazon.co.jp: Audible (オーディブル) - 本を聴くAmazonのサービス: Android アプリストア

コメント

タイトルとURLをコピーしました