[metaslider id="393"]

観劇DVD② コント集団カジャラ #4「怪獣たちの宴」収録コント・出演者・感想まとめ


お芝居・演劇・コント・漫才。

 
表現するものをこよなく愛するTAKEです。
 
舞台上で戦う役者や芸人さんは本当に素敵。
 
今回は

小林賢太郎作・コント集団カジャラ「怪獣たちの宴」です。

 
それまでの3作はコント集団と付かず、カジャラも英語だったのですが、今回はカタカナになりましたね。
 
私は福岡公演を観たのですが、DVDは東京公演で、やはりアドリブ等が少し違うのでちょっとお得( *˙ω˙*)و グッ!
 
演劇する人にとってもはやカリスマ的存在の小林賢太郎さんの作品。私ももれなく大好きです。
 
もうオンエアバトル初期からファン( *˙ω˙*)و グッ!
スポンサーリンク

こんな方に観てほしい

  • コント好き
  • 小林賢太郎・ラーメンズファン
  • お笑い寄りの演劇が好き
  • 非日常の中の日常の世界が好き

「怪獣の宴」収録コント

「カジャラさん」

「焼肉屋」

「在宅超人スウェットマン」

「フランケン/お父様! ?/ポセイドン/二宮金次郎/アメリカン兄弟」(同じ設定でキャラクターが違います)

「地球よ」

「ニンゲン」

「プレゼンテーション」

「メキシカン漫談」

「怪獣たちの宴」

出演者

なだぎ武

竹井亮介

小林健一

加藤啓

辻本耕志

小林賢太郎

感想

どの作品も素敵なんですが、これももう、最高でした。
 
散りばめられた伏線。
繋がるキャラクター達。
 
転換にまで工夫を凝らし、絶対に目を離させない。
 
セットと衣装は非常にシンプル。
 
ほとんどを観客の想像力に任せています。
 
しかし、ほとんどの劇団は観客の想像力に任せるのが怖いため、説明しまくります。
 
そこをあえて説明せず、きっとこんな感じ。という想像力で、十人十色の解釈をもたらします。
 
これってほんと凄いこと。
 
何かのインタビューで読んだんですが、
 
「お芝居って凄いんですよ。怪獣がでたー!って言えばお客さんは怪獣が出たと思ってくれる」
 
……これが中々出来ないんです。
 
どうにか出そうとしてしまう。映像なのかミニチュアなのか、何らかの方法で出そうとしてしまう。
 
お客さんの想像力を狭めてしまう。
 
もちろん、ハッキリ伝えたい時もあるので一概に言えませんが。
 
そして私、ラーメンズや小林賢太郎さんの作品で好きなのが「音楽」
 
とっても素敵なんですよ。心地よくて、ある意味意味深で、情緒的。
 
サントラも発売されるほど。
 
色んな所に色んな秘密やマジックを隠す小林賢太郎さんの作品。
 
是非2度3度楽しんで欲しい!

その他のカジャラ作品

観劇DVD 21 カジャラ「大人たるもの」

観劇DVD16 カジャラ「裸の王様」

観劇DVD13 カジャラ#3「働けど働けど」

コメント

タイトルとURLをコピーしました