[metaslider id="393"]

観劇レビュー#3 高校生ミュージカル「ヒメとヒコ」感想まとめ

何故か記事が消えてしまったので再度投稿。
数か月前のレビューとなります。鹿児島の反対側、大隅まで行って参りました!ヽ(´▽`)/
何故かと言いますと、高校生ミュージカルを観に!

高校生ミュージカル「ヒメとヒコ」観劇


フェリーでも良かったんですが、高速飛ばしてドライブがてら向かいました。
陸周りで2時間位ですかね^^;
天気も良くて良かった。

ここが会場。鹿屋市文化会館
高校生ミュージカルは今年で13年目らしいです。
私はその内3回目。
毎年毎年キャストも入れ替えられて配役も大変だと思います。
男女比率も違うので、大筋の内容は同じもののやはり演出面で違いますね。
もちろん男女比率だけで演出変えてるわけではないでしょうが。

開幕。

スポンサーリンク

あらすじ・感想

ストーリーは現代の鹿屋の女の子が課外授業に出て、古墳を見つける。そこにあった剣に触れると白い鳥が現れて、古代の奄美にタイムスリープしてしまう。
奄美に伝わるヒメとヒコ伝説を創作と史実を交えたミュージカル。
……これがまた非常に良かった。
前回見た時はパワフルな動きと熱量だったんですが、今回は美しかった。歌声とダンスが見事に合っていて、レベルの高さを思い知ります。
その辺の文化祭レベル(それはそれで失礼かもですが。)を遥かに超えて、きちんとお金を取る意識があるんだろうなぁ。と思います。
ミュージカルだからか、想いを伝えるソングは響いてきます。
ただ、だからこそお芝居にも力を入れて欲しかった。
異様にレベルの高い歌とダンスなだけに、そこからすると芝居のレベルが……な感じでした。
というか芝居はダメって訳でもなくて、きちんと思いの籠ったものでした。
レベル差のせいで感じた事だと思います。

終幕後、写真撮影タイムがあったのですが恥ずかしくて撮らず^^;

やる気と光に満ちた1日でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました