[metaslider id="393"]

ハンドパン、即興ヴォイス、朗読のLIVEに行ってきました!

けっこう前の話になってしましました。
天文館の少し外れたところにおりまして。
 

歩きながら撮ったのでブレブレ^^; コロナ流行の随分前の話です。
 
飲み屋をズンズン進んで……

BARイパネマさんへ。
 
ここで……

LIVEです!
 
スポンサーリンク

即興ヴォイス。

即興で奏でる音楽。色々なリズムとサウンド、歌。
ものすごく想像力を掻き立てられて色んな気持ちになる。
最近これにどハマりしてます。

ハンドパンのソロ。

北海道から来たというミュージシャン。
ハンドパンというスイスの楽器をたくみに操る。
 
凄く不思議な音色。
YouTubeとかにもあるので是非聞いてみて欲しい。
 
もんの凄く不思議。
で、演奏してる様もカッコよくて心が踊る。

ラストは朗読も。

言葉が入ると余計に雰囲気が変わる。
 
楽しく和んだ感じから

少し怖いと思える雰囲気まで。

ここまでリズムと言葉だけで感情を揺さぶられるとは!
って感じ。
めっちゃ素晴らしいLIVEでした。
 
次は、別の場所で今度は即興画とコラボ。
 
こちらもめっちゃ楽しみ!

ハンドパンとは?

2000年頃、スイスのスティールパン工房であったPANArtが、スティールパンから発展させた楽器Hangを発表した。素手でたたけるスティールパンとして、アジアや中東圏の打楽器の特徴をも兼ね備えたこの楽器は、欧米を中心にすぐに人気が広まった。一方で、当初はその製法や入手方法についてはベールに包まれ、Hangはその神秘性を増していった。[1]

(ウィキペディアより)

北海道出身 宮本大地さんの演奏(YouTube)

コメント

タイトルとURLをコピーしました