[metaslider id="393"]

演劇DVD47 踊る大捜査線が舞台に!伝説のスリーアミーゴスの息のよさ。「舞台も踊る大捜査線 ザッツ!スリーアミーゴス」

皆様こんにちは。今回は舞台のご紹介です。
踊る大捜査線はご存知でしょうか。織田裕二さん主演のロングヒットをかましたドラマですね。私も大好きで全部見させていただきました。
その中で「舞台」にもなっていることをご存じでしょうか?
そんな訳で今回はこちらの舞台をご紹介します。

スポンサーリンク

「舞台も踊る大捜査線 ザッツ!スリーアミーゴス」

スリーアミーゴスとは?

踊る大捜査線に登場する、神田総一朗署長、秋山晴海副署長、袴田健吾刑事課長ら3人の総称。毎回身の保身に走ったり、軽いボケを繰り出したりする三人組ですね。
大切な所で部下思いな所が出てたりして私は大好きです。

あらすじ

舞台は『踊る大捜査線 THE MOVIE 2』における、連続殺人事件解決後の湾岸署3階署長室。
女性巡査長との不倫の件で神田署長が減俸処分となったが、連帯責任という形で秋山袴田健吾刑事課長まで同様の処分となってしまった。
落ち込むふたりにそれぞれ栄転の話が持ち上がり、これで署長の面倒を見ないで済むと喜ぶが…。
※ 本編の時間的な位置は『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』の後日談

(WIKIPEDIAより)

<出演者>

  • 神田署長(北村総一朗)
  • 秋山副署長(斉藤暁)
  • 袴田健吾(小野武彦)
  • 緒方薫(甲本雅裕)
  • 森下孝治(遠山俊也)

    なんとも豪華な布陣。主演達がいなくても十分すぎるほどの舞台が成立することが分かります。








感想まとめ

ベテラン俳優陣の息の合ったやり取りがたまりません。
ちょこちょこ出てくる本編を匂わせるセリフなんかもニヤリとします。
この方々の面白い所は、間もさることながら独特なつっかえ方が素晴らしい。

「えーーー、あのーーー、」
「あれだよあれ・・」

このすっとぼけた感じ。単純な経験では生まれてこない。
一歩間違うとセリフを忘れただけのように感じますからね。
そこを感じさせず、一人の人物・キャラクターとして発している様は流石の一言。

このおじさん三人組のドタバタ劇。普通にドラマとして連載してもよかったのでは。
もう見ることが出来ないチームかと思うと残念ですが復活を熱望しております。

こんな方におすすめ

・自分に自信がない
・間の取り方を勉強したい
・普通のおじさんの芝居や動きの見本
・ただ、バカバカしいものを見たい

見たことがない人、アミーゴスを知らない方も楽しめると思いますので是非ご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました