[metaslider id="393"]

観劇DVD⑩ 「49日後……」出演者・あらすじと感想まとめ


気がついたら1日2記事になっているヽ(´▽`)/

 
段々書くのが楽しくなってきたTAKEです。(^^)
 
読んでくださってありがとうございます(^^)
 
さて、今回は

PARCO presents「49日後……」です。

スポンサーリンク

あらすじ・キャスト

ひとり暮らしの老婆が自殺した一軒家に現れた男4人。
葬儀屋の能瀬(小田 茜)から依頼された、特殊清掃業の男たちだ。

社長の川口(池田成志)、社長と同級生の大和田(古田新太)、バイトの相沢(八嶋智人)、
そして入社して間もない中西(松重 豊)。

しかし、まともに仕事をせず、くだらない会話で無駄に時が流れるばかり。
そんな男たちにキレる能瀬。

そんな中、次々に起こるトラブル。徐々に膨らんでいく疑心。
はからずも、老婆の死の真相に近づいていく男たち。

果たして、彼らは時間内に仕事を終えることができるのか?
そして彼らがこの家で果たすべき任務とは・・・。

イーオシバイドットコムより

演出 池田成志さんで、出演もされてるんですよね。

感想まとめ

 
この作品……一言でいうと「怖い」です。
 
なんというかアメリカンホラーな雰囲気では無く、ジャパニーズホラーの真髄って感じで、
 
ヒタ……ヒタ……と恐怖が襲ってくる感じ。
 
清掃員4人と1人の女性の物語なんですが、
キャストも怪物だらけ。
 
たまにある八嶋智人さんの和ます雰囲気すら怖い。
 
序盤はやはり謎だらけ。
 
中盤迎えてもまだ謎だらけ。
 
ちゃんと集中してないと取り残されるけれども、集中しきってると恐怖が襲ってくる……
 
何とも計算された物語です。
 
某映画のパクリのようなタイトルですが、個人的にはこっちの方が好きだし怖いし^^;
 
細部にわたってこだわってそうなセットや小道具達も、芝居人としては非常に興味深かった。
 
そんな視点でも楽しめる作品です。
 
冬のホラーを楽しむのもいいのでは無いでしょうか。(作品は夏の物語ですが^^;)

コメント

タイトルとURLをコピーしました